女性特有の悩み、改善方法はあるの?病名がないから諦めるしかない?

ハーブティー

頭痛、腰痛、冷え性、肩こり、頭痛…女性特有の悩みは数え上げれば切りがありません。

女性は年齢と共に女性ホルモンのバランスが乱れがちになり、更年期障害や自律神経などの体調不良を訴える人が多いのだそうです。

年齢なら、諦めるしかない?

いえいえ、自分でできる改善方法もありますよ!

今回は女性特有の悩みの改善方法について紹介します。

「気」について知りましょう

東洋医学の考えでは、「気」という体を動かすエネルギーとなる流れが滞ることが、虚弱体質や女性特有の悩みの原因と考えられています。

また女性特有の悩みだけでなく、風邪を引きやすい人や胃腸が弱いという人も、気の巡りが悪い人だとされ、改善が必要だと言われます。

気の巡りを改善したい!日常生活でできることは?

  • 食事での改善方法

ストレスは気の巡りを悪くしてしまうと言われますので、食べたいものを我慢すると気の巡りを悪くしてしまうのだそうです。

そのため食事に関しては、「食べたいものを食べる」という考えが正解だと言われます。といっても食べ過ぎは体重や健康が気になりますので、できるだけ体を冷やさない、ローカロリーのものを食べるようにしましょう。

気を巡らせる作用を持つと言われる、三つ葉や春菊、香菜、ハーブを使った料理や、フルーツも適度に摂取するようにしましょう。

春菊

  • 適度な運動

全く動かないことは問題ですが、運動のしすぎも身体のためにはあまり良くないそうです。

また嫌々運動をしていてもストレスを感じるだけですので、できたら自分が好きな運動を適度に行うと、女性特有の悩みには効果があるそうです。

運動が苦手な人は、室内でできるストレッチやヨガを取り入れてみてはいかがでしょう。特にヨガは気持ちよく体を動かすことができますのでおすすめしたい運動です。

ヨガ

  • アロマやハーブティーで気持ちをリラックス

女性特有の悩みにはストレスが良くないということを紹介しました。

ハーブティー

気分の浮き沈みが激しく、自分でコントロールできないと感じるのであれば、リラックス効果のあるアロマやハーブティーを淹れて、リラックスすることを心がけましょう。

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、神経を興奮させる作用があり、イライラや不眠の原因ともなります。

あまりがぶ飲みはせずに1日に○杯、と決めておいて上手につき合うようにしましょう。

ノンカフェインのお茶や、紅茶にはショウガを入れて体を温めるようにするなど、好きなものを我慢せずに取れるように工夫をしていくのも良いですね。

漢方を取り入れる

女性特有の悩みに効果的だと言われるものが、漢方薬です。

東洋医学はもともと病名がつけにくい体調不良にも効果的な漢方薬があり、徐々に体調を改善していく役割があります。

漢方薬は100種類前後も種類がありますので、どれを選べば良いのか分からないという人もいることでしょう。そういう時は、漢方を専門に扱う薬局や漢方専門医に相談してみて下さい。

服用する前には必ず説明を聞いて、決められた用法を守るようにして下さい。

まとめ

女性特有の悩みに対する改善方法を紹介しました。

更年期

女性特有の悩みは個人差が大きく、同性でも分からない部分というものはあります。

無理をして我慢せず医師や薬剤師に相談し、気持ちよく毎日を過ごすことができれば良いですね。