「気の巡り」が滞ると「気滞」と呼ばれる状態に…その症状と改善方法とは?

マスク

生理前に体調が悪くなったり、情緒不安定、喉が詰まったような感覚など、女性特有の悩みを抱える人は多いことでしょう。

不安定

東洋医学では女性特有の悩みは「気の巡り」が悪くなっている状態だと考えられ、気が滞る「気滞」になっているのだそうです。

ここでは気の巡りと気滞について、紹介します。

「気」とは?

中医学での「気」とは大まかに言えば「体を動かすためのエネルギー」を指します。気には様々な働きがあり、体を温めたりものを動かしたり、栄養にも関わる働きをしています。

その気が、体中に行き渡らずに滞った状態を「気の巡りが悪い」と言い、気の力を充分に発揮することができず、女性特有の悩みなどで体調を崩しやすくなってしまうのです。

「気滞」になるとどのような症状が出る?

エネルギーともなる気の巡りが悪くなると、主に体の張りや痛みによって症状が現れることが多くなります。他の症状として以下のようなものがあげられます。

気帯

  • 胸やワキ、腹部などの張り
  • 生理前の体調不良
  • 喉が詰まったような感覚
  • イライラ、情緒不安になりやすくなる
  • ガスが溜まりやすくなる
  • ストレスにより体調を崩しやすい

思い当たる症状はありますか?気滞の状態であると自覚したのであれば、日常生活を見直して体質を改善していきましょう。

マスク

気滞体質を改善する方法

気滞体質だと自覚したのであれば、食事や運動などで体質改善をするように努めましょう。

  • 香りの良い食材は気滞体質に効果的

アロマやハーブティーなどのリラックス効果は広く認知されているものですね。中医学でも同じで、香りの良い食材は気滞体質の改善にも効果があると言われます。

セロリやシソ、三つ葉やバジルなどの食材を摂って、気の巡りを良くしていきましょう。ジャスミンティーやミントティーなどもおすすめです。

ミントティー

  • 呼吸法でリラックスを心がけましょう

ヨガや太極拳は深い呼吸をするエクササイズです。良い運動にもなりますので、できるだけ毎日行うようにしましょう。

特にイライラや不安が強い時、人は浅い呼吸になりやすくなります。「深く」息を吐くことを意識しましょう。
アロマオイルをたらせば良い香りで更にリラックス効果がアップします。

漢方薬で気滞体質の改善!

漢方も気滞体質の改善に効果的です。

  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

胸の詰まりを感じる時に処方される漢方として有名なものです。

はんげ

  • シベリア人参

イライラや不安感などの精神的に不安定な状態や、不眠などの睡眠の質が悪い時に処方される健康食品として知られています。

  • 逍遥丸(せいかしょうようがん)

気滞体質の改善として最も一般的に処方される漢方薬です。

漢方薬は種類がたくさんある上に、分かりにくい部分も多くあります。漢方薬の処方は漢方の専門医や薬剤師に相談をして処方をしてもらうと、簡単で安心ですよ。ぜひ気滞体質の改善に役立てて下さい。

まとめ

女性特有の悩みや症状と気の巡り、気滞体質の改善について紹介しました。

食生活や日常生活に気をつけて、気滞体質を改善するようにしましょう。